2019年1月1日火曜日

2019 年賀状

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
後期高齢者の仲間入りをして自動車免許も返上。「年賀状をやめ」てもよい歳には少し早いけど、趣向を変えてこれからは雑談便としよう。なら一生楽しんで書けるかなと勝手に思い立ちました。
音楽の感動を求めて70年近く。飽きもせずに追い続けてきました(勉強には至らず)。シューベルトは「未完成交響曲」を高校時代25cmLPからでした。「第9番ハ長調」は大学時代にフルトヴェングラーの指揮で壮大な表現にショック。弦楽四重奏曲「死と乙女」のレコードを買うときに鼓動が高鳴ったこと、裏面に「鱒」が何げなく付いてきた。「大公」よりも「アルペジオーネ・ソナタ」が淡々と心に響いた。「冬の旅」はむしろディースカウの声を聴いたし、「白鳥の歌」はプラターズの「マイセレナーデ」で意味を知りました。ピアノ曲はブレンデルではいり、「シューベルト弾き」という言葉と演奏家の信条の違いを知りました。D899の「即興曲」ではホロヴィッツの語り口(?)に心を打たれた。
まだまだありますが、昨秋「幻想曲D940」でデュオ・クロムランク(1994)に出会ってまた急カーブ。実はこれが今回話題にした理由です。

Schubert - Piano Works for Four Hands / Fantasie D.940.. (Century’s recording : Duo Crommelynck)
https://youtu.be/l3bVcUWUP9I

2017年5月22日月曜日

唐綿(とうわた)


古い石段の片隅に飛んできて咲いた小さな花の色に惹かれた。
聞くと「唐綿(とうわた)」。
気品のあるその名前に少し調べてみると雑草ではないらしい。
花言葉は「私を行かせて」とか
そういえば前にも古屋の玄関先で一株の「すみれ」を見たことがあった。
タネをつくるまで育ってまたどこかへ飛んでいくのか。

2017年5月16日火曜日

G.F.ヘンデル 「キャロライン王妃の葬送のためのアンセム」

やっと入手しました。
ヘンデルの「キャロライン王妃の葬送のためのアンセム“シオンの道は悲しみ”」The ways of Zion do mourn, HWV264
10年ほど前に愛犬と早朝の散歩中にラジオで聞いたのが初めて、J.E.ガーディナーの指揮モンテヴェルディ合唱団と合奏団の演奏。
一頃このCDを探してもなかなか見つからず、たどり着いた姉妹曲ともいえるオラトリオ「エジプトのイスラエル人」も中身だけどこかへ行ってしまっていました。
 第1曲シンフォニア、透明感のある悲しみを湛えて静かに始まる第2曲合唱“シオンの道は悲しみ”・・13曲約45分
その後YouTubeだとかFMとかで何度か聴いてきましたが、やはり入手したCDで聴くと新たな感慨とともに落ち着きました。

YouTubeに公開されている同曲
Händel HWV 264-01 Sinfonia
 

2017年4月25日火曜日

「山の郵便配達」

頼んでいたDVDが届きました。ずいぶん前にテレビで見たのですが、ふと思い出して探していた中国の映画です。
何日も山道を歩いて郵便を配達する姿、道すがらの風景や受け取った人との会話などが淡々と描かれていて心温まる物語だった記憶だけが残っています。
さて、これから見せていただきます。

2016年11月11日金曜日

山陰海岸

  10月15・16日と海を眺める旅をしてきました。国道9号の海岸線もしばらく走ってないし、蛇腹式のクラシックカメラも試してみたかったのです。初めて見る角島大橋から、昔友と釣行した川尻岬、元乃隅稲成神社の赤い鳥居、千畳敷とまわって夕刻は宿の近くで「金子みすゞ記念館」見学。
 翌日はあいにく雨でしたが萩市内観光に忙しく、「できれば数時間波戸釣りでも・・」とのチャンス狙いはとても無理でした。
フィルムの現像ができてみると、絵にできたのは遠景ばかり3枚。近くの対象を狙ったのがすべてダメでした。またやります。絶対に手になじませたいカメラなので。





2016年8月31日水曜日

「青い山に住みたい」(청산에 살리라)

https://youtu.be/Kra8Ww9M7fc
NHKの「クラシックカフェ」で紹介され、「スミ・ジョー(조수미)カーネギーホールコンサート」のCDを見つけた曲です。10年も前のことですが、何人かの友達にも紹介しました。
最近になって韓国語のつづりをそのままYouTubeで検索するとスミジョーのステージのほか、韓国の歌曲がいろいろとアップされています。

2016年7月8日金曜日

「私はこの世に忘れられて」

7月7日 マーラーの生誕日
FBでそれを知って、いくつか曲を聞いていくうちに、若いころ交響曲「大地の歌」で心打たれたメゾソプラノ、カスリーン・フェリアーの歌唱に出くわした。LPの片面を占めるその終楽章「告別」は大曲で何度も何度も聞いたのが懐かしい。

ところで此処での「私はこの世に忘れられて」という歌のタイトル、英訳になんとあの"touch"という単語がでてきた。

実は少し前にミュージカル「キャッツ」のなかの曲「Memory(Cats)」の終盤の歌詞、 "Touch me"。 「私に触れて」 の訳がどうもつかめない。
意味は分かる気がしながら合う言葉が見つからないままなのだ。
まだこれで解けたわけではないけれど・・・。